医療現場で急増?モンスターペイシェント

医療現場で急増?モンスターペイシェント

一昔前に「モンスターペアレント」という言葉が流行しました。勿論今でもそんな親達が存在している事は確かであるようです。学校や担任の先生に無理難題、理不尽としか言いようのない言葉を投げかけ、時には強硬手段にさえ出る父兄が急増した時期もありました。時には反対に先生の側から父兄を相手取り、裁判所に訴えを起こすケースもありました。
先生が退職に追い込まれるような追い詰められた精神状態となった末に、先生を辞めてしまうケースも多々あるようです。

そんなモンスターペアレントという言葉に、ゴロが良く似ている言葉として、「モンスターペイシェント」があります。ペイシェントとは患者の事を言います。病院に診察に行ったが、思い通りの結果が出ずに病院に苦情を言う人等はモンスターペイシェントと呼ばれ、無理難題を言って、医療従事者を困らせる患者が急増しているという事です。

実は医療現場ではこのモンスターペイシェントが急増しているという事です。実に7割医師がモンスターペイシェントに苦情を言われたり暴言を吐かれたり、時には暴力を受けたりしているという事です。モンスターペイシェントは、患者本人だけでなく、その家族にも存在をしているようです。

医療現場における実際の被害として最も多いのは、クレームという事です。患者さんは医師や病院に対して過度が期待を持つものですが、それが満たされなかった時に思わず不平不満の言葉が口から出てしまうようです。
その次に多いのが、脅迫という事です。医療従事者に対しての脅迫の言葉は「訴える」や「刺す」等、身体的精神的にダメージを受ける言葉であるようです。

その次に多いのは医療現場で起こる暴力事件です。言葉での脅迫よりも更に差し迫った危険を感じるこの行為は、最悪の場合は警察を呼ぶ等の対処をする必要があるでしょう。
実際にこのように直ぐに警察に通報が出来るシステムを整えている病院も多くあるようです。

その次に謝罪を求められるという事です。例えば「土下座」を強要するような言葉で相手に威圧感を与えるという事です。

こういった事態へと進んだ原因の一つに、医療現場がコンピューター化をしたからという事を言われています。カルテも電子カルテとなった事で、以前ほど医師が患者に係わる機会が減り、医師と患者のコミュニケーションが取り難くなった事もあるようです。患者の顔を見ながら診察をする機会が減少し、以前の様な信頼関係が築き難くなっている事も大きな原因と言えるようです。

おススメサイト

 

過払い金は借金返済後でも対象
完済している人も対象になるんです

 

設備の点検、作業効率UPに最適のタブレット活用システム
「CHECKROID」で業務改善ができます

 

貸店舗を大阪で探している方はぜひMDmartへ
お得な居抜き物件を内覧レポート付きでご紹介

 

窓を華やかに彩るステンドグラスのオーダーメイド
専門店のマリヨが貴方の要望にお応えします

 

首都圏の離婚問題を確かなプロの力で解決できる弁護士
東京・横浜の4つのオフィスで相談可能