医療現場で急増?モンスターペイシェント

モンスターペイシェントによってスタッフが退職

クレームという言葉がありますが、医療の現場で理不尽な要求や暴言をはくなどの行為によって、医療の現場に混乱を与える存在をモンスターペイシェントといいます。

モンスターペイシェントは医療機関におけるクレーマーと言えますので、対処方法が難しいという点があります。大きな医療機関では対応に当たるスタッフがいることが多いですが、小規模な医院では診療時間が削がれたり他の患者に迷惑がかかるといった状況が起こります。

またスタッフの意欲を削いでしまうことや、うつ状態になって退職してしまうケースも出てきています。

モンスターペイシェントはクレーマーですから、クレーマーに対する対処方法が最も効率のよい対策となりますが、毅然とした態度で接することも大切ですし相手の話に耳を傾けることも重要です。

診療に支障をきたすことになれば、最終的には法的な手段に出ることも必要ですから、専門家に依頼することも考えるべきだと言えます。また個人的な対応ではなく、組織的に立ち向かうことがポイントになるのです。