医療現場で急増?モンスターペイシェント

業務だけでなく風評被害にも

近年、全国の医療現場においては、モンスターペイシェントと呼ばれる厄介な患者が増加していることが大きな問題として取り上げられています。

モンスターペイシェントは医師や看護師などに無理難題を突き付けてくることがあるために、業務を大きく妨害されてしまうことが問題として取り上げられています。

モンスターペイシェントの被害が深刻化した場合には、病院全体の風評被害にもかかわってくることがあるために、日ごろからしっかりと対策を立てることが望まれています。

現在では全国の医療機関内において、迷惑な患者に対する接し方などのセミナーや研修会などが開催されており、知識を身につけるためにはもってこいの機会となっています。

ただし、モンスターペイシェントの見極め方についてはとても難しいことから、医師や看護師をはじめとする病院のスタッフが協力して問題と立ち向かうことが良いとされています。

今後もこうした問題について大きく取り上げられることが増えるとみられます。